【徹底比較】便利&通信料格安が魅力!ポケットWi-Fi 7選

【徹底比較】便利&通信料格安が魅力!ポケットWi-Fi 7選

「ポケットWi-Fiについて知りたい」

そう考えて本記事を読みだしたあなたは、より快適なインターネット生活を送りたいと感じているのかもしれません。

外出先でのスマホの通信容量節約や、自宅などでタブレットやパソコンを簡単便利に使いたい。

そのようなときに、あの小さなWi-Fiルーターは威力を発揮します。

でも実は、その仕組みやメリット・デメリットがいまいち理解できていない…、という人も多いようです。

本記事でぜひ、”ポケットWi-Fi”について知りましょう。おすすめのプロバイダ&プランもチェック!

1. ポケットWi-Fiって何?

勘違いされやすい”ポケットWi-Fi”

「ポケットWi-Fi」と聞くと、皆さんは何を頭に思い浮かべますか?

持ち運びできる小型の無線LAN機器用ルーター全般、と考える人がいるかもしれませんが、実は少し違います。

このルーターの正しい総称は「モバイルWi-Fiルーター」(もしくはモバイルルーター)です。

いわゆる「ポケットWi-Fi」はソフトバンクの登録商標であり、同社のサブブランドであるY!mobileが提供する、高速モバイルデータ通信サービスおよびモバイルWi-Fiルーターをさします。

一方、やはりよく耳にする「WiMAX」は無線通信技術の名前であり、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。

日本ではUQコミュニケーションズがこの技術で高速モバイルデータ通信サービスを提供しており、同サービス名としても使われています。

ほか、キャリア(NTTドコモ、SoftBank、au)がサービス提供するものや、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターもあります。

SIMフリーはスマホ同様、自分で回線事業者を選んでそこのSIMカードを差して使います(格安スマホと同じような使い方)。

本記事では、モバイルWi-Fiルーター全般についてご紹介します。

2. モバイルWi-Fiルーターのメリット

インターネット回線の種類をご存知でしょうか?

インターネット回線は固定(有線)タイプと無線(モバイル)タイプの2つに大きく分けられます。固定タイプは光回線とADSL(今後サービス提供終了)で、無線タイプはWiMAXが主流です。

モバイルWi-Fiルーターは無線タイプで、以下のメリットがあります。

①自宅と外出先の両方で使える

携帯できるサイズのため、外出時にパソコン・タブレット・スマホを使う際は持参し、通信することができます。
ルーターが小さいため、自宅などでは設置スペースを最小限に抑えられるのも◎。

②工事の必要がない

光回線の場合、開通時は基本的に工事が必要です(環境によっては不要の場合もあり)。しかしモバイルWi-Fiルーターは、ルーターを入手して設定すれば、すぐにサービスを利用できます。

③光回線より利用料金が安い(スマホの通信料も抑えられる)

光回線の月額利用料金は平均で、戸建てタイプが5,000円強、集合住宅タイプは4,000円強です。

一方で、モバイルWi-Fiルーターを使った月額利用料金は、2,000円台後半~4,000円台前半がほとんど。

また、モバイルWi-Fiルーターをスマホと一緒に外出先に持参して、効率よく活用する人が増えています。

④複数の端末に同時で接続できる

光回線もモバイルWi-Fiルーターも、複数の端末を同時に利用できます(ただし、モバイルWi-Fiルーターは接続推奨台数があります)。

家族でそれぞれインターネットを楽しめ、しかもモバイルWi-Fiルーターは外出先でも同様に使えるので便利です。

以上、特に①と②はモバイルWi-Fiルーターならではの大きな特長で、利用者の多くはこの利点を目的に契約していると言えるでしょう。

3. モバイルWi-Fiルーターのデメリット

では、デメリットはあるのでしょうか? 

①ルーター自体を持ち歩かなければならない

外出先で使う=ルーターを持ち歩かなければなりません。

近年販売されているルーターは小型軽量化されていますが、それでもある程度はかさばります。

②通信速度が不安定になることがある

ルーターと端末との距離が離れている、障害物がある、同時に使用している端末が多いなど何らかの原因があると、通信速度が遅くなることがあります。

③速度制限がある業者が多い

モバイルWi-Fiルーターのサービスを扱うキャリアの多くが、通信速度を制限しています。

「1か月間の使用可能データ量は7GBまで」といった月間の通信制限のほか、”無制限”をうたいつつも混雑回避のため「3日間で10GB限度」などとしている業者も。

しかし、最近は完全無制限のプロバイダも登場しています。 

4. モバイルWi-Fiルーター おすすめの契約方法は?

モバイルWi-Fiルーターを利用するためには、ルーターを手に入れるだけでなく、プロバイダと契約しなければなりません(スマホと同様)。

プロバイダと契約する主な方法は、家電量販店や携帯ショップなどで行う店頭契約と、各プロバイダの公式サイトから行うオンライン契約の2種類があります。

家電量販店などでは、他の商品が無料になるお得な契約キャンペーンを展開していることも。一見非常にお得に見えますが、実は月額料金が高めであったり、店舗によってキャンペーン内容が異なっていたりします。

また、携帯ショップでの契約も一般的には割高です。

最もおすすめなのが、各プロバイダの公式サイトから行うオンライン契約。ネット限定のキャッシュバックや割引キャンペーンを行っている業者が多く、公式なので安心して契約できます。

契約時はできるだけ、多くのプロバイダの公式サイトをチェックし、サービスを厳選しましょう。店頭に比べて比較しやすい点も、オンライン契約のメリットです。

5. ポケットWi-Fi 7選

カシモWiMAX

カシモWiMAX2+ ライトプラン(7GB

驚きの低料金で快適モバイルWi-Fi生活を実現!

カシモWiMAXは業界最安級のサービスを展開し、顧客満足度94.2%を誇るプロバイダです。プランは、「ギガ放題プラン」と月間7GBの「ライトプラン」の2種類。動画やゲームをあまり利用しないライトユーザーなら、後者のプランで充分でしょう。データ容量を気にせず使いたい人は「ギガ放題プラン」にすれば、2〜24か月目は月額3,580円に。ライトプランとさほど大きく変わらず、おすすめです。他業者と異なりキャッシュバックがない分、月額料金が安く、必須のオプションもないのが人気。端末機種代&送料は無料です。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 1か月目1,380円、2~24か月目2,880円、25か月目以降3,379円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06
BIGLOBE WiMAX 2+

Flat ツープラス ギガ放題(3年)

BIGLOBE利用者ならよりお得に利用OK!

プランは、月7GBまでのFlat ツープラス(3年)と、月間データ通信量制限なしのFlat ツープラス ギガ放題(3年)があり。プロバイダ30年以上のBIGLOBEならではの信頼できる通信品質とサポート力が魅力です。また、同社接続サービス利用者なら、さらに毎月200円割引。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 利用開始月0円、1~2か月目3,345円、3〜24か月目4,030円、25〜36か月目&37か月目以降4,380円(クレジットカード払いの場合)
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT WX05 (NECプラットフォームズ製)
GMOとくとくBB

ギガ放題プラン

20日以内は解約違約金なしでキャンセル可が良心的!

お手頃な7GBプランと、データ容量制限なしのギガ放題プランの2種類を提供。最大31,000円のキャッシュバックキャンペーンを期間限定(終了日未定)で行っており、端末機種代&送料も0円です。また、申し込みから20日以内であればキャンセルOKで、解約違約金はなし!快適なWiMAXを気軽に始めてみたい人にはぴったりです。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 利用開始月日割料金、1~2か月目3,609円、3~24か月目4,263円、25か月目以降4,263円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06
UQWiMAX

UQ Flatツープラス ギガ放題

スマホ+ネットのプランも含めた3種類から選べる

月間7GBまで使えるUQ Flatツープラス、月間データ量上限なしのUQ Flatツープラス ギガ放題、スマホとネットがセットになったウルトラギガMAXの3プランがあり。全国エリアで超速440Mbpsの快適ネットライフを過ごせます。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 毎月4,380円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06
DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+ギガ放題プラン 3年

ネット満喫派はギガ放題プランの利用がお得!

月間7GBまで利用できるDTI WiMAX 2+ モバイルプラン(3年)と、月間データ量上限なしのDTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)があります。前者は月額量量が3,500円で、後者とあまり料金が変わらないため、気兼ねなく使いたいならギガ放題プランのほうがおすすめ。端末機種代は無料です。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 1~2か月目0円、3か月目2,590円、4か月目以降3,760円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06
どんなときもWiFi

どんなときもWiFi データ放題プラン

速度制限なし&2年間利用でお手頃料金

プランはシンプルにデータ無制限の1種類のみ。他社によくある”1日3GB”、”3日で10GB”といった速度制限がなく、データ容量が基本的に無制限です。2年目以降も継続して4,000円弱で使えるため、トータルで踏まえるとお得なサービス。端末は新品のものをレンタルで無料貸し出しで、解約時に返却必須です。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 利用開始月3,480円の日割料金、1~24か月目3,480円、25か月目以降3,980円(クレジットカード払いの場合)
おすすめ端末 D1
So-net WiMAX

Flat ツープラス ギガ放題(3年)

auユーザーは特にお得な安心プロバイダ

月間7GBまで使えるFlat ツープラス(7G)と、月間データ量上限なしのFlat ツープラス ギガ放題の2プランがあります。端末代金無料で、2年10か月目以降は最新機種へアップグレード無料!また、auスマホ・auケータイとセットで使うと、スマホや携帯の月額利用料が毎月最大1,000円割引に。さらに、LTEオプション利用料も無料になります。

初期費用 契約事務手数料3,000円
月額基本料 利用開始月0円、1~12か月目3,380円、13〜36か月目4,379円、37か月目以降4,379円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06

6. おすすめポケットWi-Fiの比較表

商品画像
商品名
カシモWiMAX
カシモWiMAX2+ ライトプラン(7GB
BIGLOBE WiMAX 2+
Flat ツープラス ギガ放題(3年)
GMOとくとくBB
ギガ放題プラン
UQWiMAX
UQ Flatツープラス ギガ放題
DTI WiMAX 2+
DTI WiMAX 2+ギガ放題プラン 3年
どんなときもWiFi
どんなときもWiFi データ放題プラン
So-net WiMAX
Flat ツープラス ギガ放題(3年)
紹介文 驚きの低料金で快適モバイルWi-Fi生活を実現! BIGLOBE利用者ならよりお得に利用OK! 20日以内は解約違約金なしでキャンセル可が良心的! スマホ+ネットのプランも含めた3種類から選べる ネット満喫派はギガ放題プランの利用がお得! 速度制限なし&2年間利用でお手頃料金 auユーザーは特にお得な安心プロバイダ
初期費用 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円 契約事務手数料3,000円
月額基本料 1か月目1,380円、2~24か月目2,880円、25か月目以降3,379円 利用開始月0円、1~2か月目3,345円、3〜24か月目4,030円、25〜36か月目&37か月目以降4,380円(クレジットカード払いの場合) 利用開始月日割料金、1~2か月目3,609円、3~24か月目4,263円、25か月目以降4,263円 毎月4,380円 1~2か月目0円、3か月目2,590円、4か月目以降3,760円 利用開始月3,480円の日割料金、1~24か月目3,480円、25か月目以降3,980円(クレジットカード払いの場合) 利用開始月0円、1~12か月目3,380円、13〜36か月目4,379円、37か月目以降4,379円
おすすめ端末 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05 (NECプラットフォームズ製) Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W06 D1 Speed Wi-Fi NEXT W06
公式サイト 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

まとめ

屋内はもちろん、外出先でもインターネットを快適に利用できるモバイルWi-Fiルーターは、利用すればスマホの通信容量節約などにもつながるためおすすめです。

ただし、プロバイダは各社サービス内容や利用料金がまちまちで、詳しくない人にとってはわかりづらい仕組みになっています。

利用を開始すると、基本的には長期間使い続けることになり、使いやすさや料金も大きく影響してくるため、プロバイダは慎重にしましょう。

各社の公式サイトでキャンペーンなどをチェックし、ぜひ自分の使い方に合ったお得なプランを契約してください。