【徹底比較】枯男からモテ潤男になるためのおすすめ化粧水10選

「化粧水」という名前を聞くと女性がつけるものだというイメージが強いのですが、実は男性こそ化粧水をつけるべきだという現実があるのです。

また、使い慣れていない男性は「どのような化粧水を買えばよいのかわからない」「化粧水をいつつければよいのかわからない」「そもそも化粧水にどのような効果があるのかわからない」となってしまうことも大いにあります。

そこでここでは化粧水をつける意味や、化粧水選びのポイント、おすすめできる化粧水などを紹介していきたいと思います。

1. 化粧水とは?化粧水をつける意味

化粧水は8~9割ほどの綺麗な水とアルコール、保湿成分、栄養素などを配合してできている化粧品です。その効果は、

・肌の調子を整える
・肌に潤いを与える
・肌荒れを防いでくれる

といったものがあります。

肌の水分と脂分のバランスをしっかりととってくれるので、肌が荒れている、肌が乾燥している、肌が脂ぎっているという人には強い味方となってくれます。

この化粧水、女性がつけるものだと思っている男性が多いのですが、実は男性こそつけるべきなのです。その理由としては、

・男性の肌は水分量が少なくて乾燥しやすい肌である
・女性よりも皮脂、油分が多く脂ぎっている
・髭剃りによって肌が荒れていることも多い
・スキンケアをしっかりと行っていない男性が多い

などがあります。
これらの理由から男性こそ化粧水を使うべきであると言えるのです。

2. どういった化粧水を選ぶべきか

ではどのような化粧水を選べばよいのでしょうか。ここでは3つのパターンでの選び方を紹介していきます。

「保湿成分が多く含まれているもの」

化粧水のもっとも重要な役割は肌の保湿です。肌は乾燥してくるとひび割れたり、あれてきたりしてきます。綺麗な肌を保つためにはまず保湿をしっかりとして、肌に潤いをもたせなければいけません。

そのために有効な保湿成分が多く含まれているものを選ぶ必要があるのです。

化粧水に限らず、製品や箱、仕様書などに書かれている成分表は多く含まれている成分から順に書かなければいけないという決まりがあります。

有効な成分が入っていたとしても、ほんのわずかしか入っていないのでは効果を発揮することはできません。

保湿に有効とされている「セラミド」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」などの成分が多く含まれていることを確認しておきましょう。

「自分の目的に合った化粧水を選ぶこと」

単純に化粧水といってもその人の肌の特性によってまったく意味合いが違ってきます。

例えば、

皮脂量が多くてべたべたした「オイリー肌」の人であれば、できるだけサラサラの水っぽい化粧水を選ぶ必要があります。

こういった肌の人がしっとりとした化粧水を使うとさらに肌がべたつく恐れがあります。

逆に「乾燥肌」で肌がカサカサしている人は、とろみが強くて粘度の高い化粧水を選びましょう。水っぽい化粧水ではすぐに効果がなくなり、保湿がしっかりと行われません。

しっとりと保湿を優先させることが何より重要です。

問題はおでこは脂ぎっているものの、頬は乾燥しているという「混合肌」の場合です。

どちらを優先するか悩んでしまいそうですが、実は悩む必要はありません。

この場合は保湿を優先するために、とろみの強い化粧水が正解です。

化粧水の最大の目的は肌に潤いを与えて肌荒れを防ぐことですから、乾燥肌に対して対応するのが正解なのです。

「長く使い続けられるものを選ぶこと」

化粧水は1回使用したら目的を達するものではありません。

毎日こまめに使用し続けてスキンケアをして、数週間から数ヶ月経って効果を実感するものです。

そのために長期間使い続ける前提で化粧水を選ぶ必要があります。

化粧水は安いものでは数百円のものから高いものだと数万円するものまであります。

一般的には高いものの方が効果は高いのですが、それを使い続けるということまで考えて化粧水を選ぶことをおすすめします。

無理をしない程度の価格帯のものを選ぶようにしましょう。

注意しないといけないのは化粧水はあくまでも化粧品であり、様々な成分が配合されています。

それらのなかには人によって肌に合わないということも十分に考えられます。

いくら評判の良い化粧水であっても使用したら肌に赤みが出たり、痒くなったりした場合はすぐに使用を止めましょう。

肌荒れが止まらない、痒みが止まらないといった場合は迷わず皮膚科に行くことをおすすめします。

化粧水は自分の肌に合うということを最優先にして選ぶのがポイントです。

3. メンズ化粧水おすすめ10選

ナチュリエ

ハトムギ化粧水

しっとりしているのにべたつかない化粧水

たっぷり入って低価格というお得感満載の化粧水です。 余計な添加物が入っておらず、天然成分である「天然ハトムギエキス」がしっかりと保湿をして潤いを与えてくれます。 さらっとした使い心地でクセも少ないので、化粧水初心者の方でも手軽に使用できるのがうれしい化粧水です。

本体価格 593円
本体寸法 高さ19.5×幅6.2×厚み6.2 cm
本体容量 500ml
香料/着色など 無香料/無着色
タイプ 化粧水
化粧水
オルビス

ミスター スキンジェルローション

皮脂、乾燥、ハリ、シェービングダメージを同時にケアする、男性用オールインワン化粧水

スキンケアは行いたいけれど手間と時間はかけたくない。 そんな男性の悩みを解決してくれるのがこちらのミスタースキンケアジェルローションです。 洗顔からこの化粧水という流れだけで本格的なスキンケアができます。 肌に吸収されやすいタイプの保湿成分である「浸透型コラーゲン」が配合されており、肌の内側と外側の両方から保湿することで潤いを与えてくれます。 べたつきと乾燥という両方を解決して綺麗な肌が期待できます。

本体価格 1,728円
本体寸法 不明
本体容量 150ml
香料/着色など 無香料/無着色
タイプ 男性用オールインワン化粧水
母の滴

母の滴 シルバーエッセンス

男の肌を整えるシルバーナノコロイド配合の男性用化粧水

プラセンタの専門メーカーが最高級プラセンタである「馬プラセンタ」と「サイタイ」を配合していることで強くて美しい肌を作ることができる化粧水になりました。 「肌の老化防止」「若返り」「美肌」「美白」などの効果が期待できます。 また、森林の15倍以上ともいわれる高濃度マイナスイオンを発する「シルバーナノコロイド」が皮脂や汗のニオイを打ち消し、肌の衛生環境を整えてくれます。 色々と手入れが面倒という人でも手間をかけない「化粧水」「美容液」「美容クリーム」が一つになったタイプであるのもメリットと言えます。

本体価格 2,592円
本体寸法 高さ14.5×幅3.5 cm
本体容量 100ml
香料/着色など ダマスクローズの香り
タイプ オールインワンジェル
クリニーク

オイルコントロール エクスフォリエーティングトニック

肌表面をなめらかな状態に整え、清潔で健やかな肌へ

顔は古い角質や毛穴の奥の汚れなどで一杯です。 その汚れをしっかりと落としながら保湿していくことができるというのがこちらの化粧水です。 さっぱりしながら肌に潤いを求める人にぜひおすすめです。

本体価格 3,672円
本体寸法 不明
本体容量 200ml
香料/着色など 不明
タイプ オイルコントロール化粧水
ZIGEN

オールインワンフェイスジェル

3大美容成分配合であるセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合することで潤い続くみずみずしい素肌に

化粧水・乳液・美容液・クリームの4役をたった1本で行えるというお得で時間短縮スキンケアを実現してくれる製品です。 また、3大美容成分と言われている「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」が配合されているという贅沢さで、高保湿成分、美肌成分として期待できます。 アルコール・パラベンフリー、無香料で低刺激であることも肌へのやさしさを強調しています。 乾燥、皮脂、テカリ、ベタつき、ヒゲ剃り後のケア、紫外線ダメージなどの肌トラブルといったあらゆるケアに使用できる頼りになる製品です。

本体価格 3990円
本体寸法 不明
本体容量 100g
香料/着色など 無香料/無着色
タイプ ジェル
B.C.A.D. HOMME

トータルエマルジョン

ハリ肌のために必要な整肌成分「加水分解ユーグレナエキス」で男枯れに立ち向かう

潤い保湿成分を肌の奥まで浸透させてくれる「加水分解ユーグレナ(ミドリムシ)エキス」と高保湿成分「セラミド」が肌の乾燥を防ぎ、肌荒れなどの肌トラブルも解決してくれます。 化粧水、美容液、乳液がまとまったオールインワンタイプですので使用する煩わしさもありません。 少量でしっかりと伸びて顔全体を包むことができますのでお得感もあります。

本体価格 5,790円
本体寸法 不明
本体容量 120ml
香料/着色など ベルガモット果実油、レモン果皮油
タイプ オールインワン化粧水
BULK HOMME

THE TONER

乱れた水分バランスを整え、潤いに満ちた実感を

日本でもっとも古くからある美肌の湯として有名な出雲の「玉露温泉水」が肌の角質層のしっかりと水分を補給してくれます。 また、水分を一定に保つ性質から復活の木と言われている「グリセリルグルコシド」と水分保持力に優れた保湿成分「トレハロース」がしっかりと水分をつなぎとめて保湿します。 べたつきもなく、サラサラとした使い心地になっておりあらゆる肌に使用することができます。 刺激も少ないタイプですので安心して使えます。

本体価格 3,240円
本体寸法 不明
本体容量 200ml
香料/着色など エタノール、香料使用
タイプ 化粧水
無印良品

化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズ

岩手県釜石の天然水に肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキス、保湿効果の高いリピジュアR(ポリクオタニウムー51)、ヒアルロン酸を配合した質の高い化粧水です。 また、無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みというとにかく「安心、安全」に利用することができる化粧水となっています。 これだけの成分を配合していて大量タイプなのにも関わらず低価格ですので長期間続けて使っていくことにも適しています。 すでに口コミで話題にもなっていますが、とりあえず化粧水を始めてみたいという人にも自信を持って紹介できる化粧水です。

本体価格 1,200円
本体寸法 高さ18.3×幅5.8×厚み5.8 cm
本体容量 400ml
香料/着色など 無着色/無香料
タイプ 化粧水
ZAS

アクセスシー

定評の和漢植物成分で乾燥から肌を守ります

皮膚の保護剤として使用される「甘草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)」や「アラントイン」などの成分がニキビの悪化や肌荒れを防ぎ、綺麗な肌を実現します。 また、美容成分が肌の奥まで浸透することで肌の角質層にまで潤いと保湿を与えます。 さっぱりした使い心地で、高い保湿力があるので使いやすさもばっちりです。

本体価格 6,264円
本体寸法 高さ18.3×幅5.8×厚み5.8 cm
本体容量 120ml
香料/着色など 無着色/無香料
タイプ 化粧水
アンドジーノ

プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス

男性特有の5つの肌悩みをケアする厳選した美容成分が徹底包囲網!!

男性が抱えている悩みを解決してくれる化粧水です。
・乾燥防止
・毛穴掃除
・透明感のある肌に
・髭剃り後のスキンケア
・引き締まったフェイスライン
という5つの悩みに対応してくれる化粧水です。
「スフィンゴ脂質」という珍しい保湿成分で肌の内部にある水分量を調節することができます。 大人の男性の肌に張り、色艶まで与えてくれるこちらの製品は少し高めの値段設定ですが、それだけの効果が期待できる製品だと言えます。

本体価格 5,184円
本体寸法 不明
本体容量 50ml
香料/着色など 無着色/無香料
タイプ オールインワン化粧水

4. メンズ化粧水比較表

商品画像
商品名
ナチュリエ
ハトムギ化粧水
オルビス
ミスター スキンジェルローション
母の滴
母の滴 シルバーエッセンス
クリニーク
オイルコントロール エクスフォリエーティングトニック
ZIGEN
オールインワンフェイスジェル
B.C.A.D. HOMME
トータルエマルジョン
BULK HOMME
THE TONER
無印良品
化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
ZAS
アクセスシー
アンドジーノ
プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス
紹介文 しっとりしているのにべたつかない化粧水 皮脂、乾燥、ハリ、シェービングダメージを同時にケアする、男性用オールインワン化粧水 男の肌を整えるシルバーナノコロイド配合の男性用化粧水 肌表面をなめらかな状態に整え、清潔で健やかな肌へ 3大美容成分配合であるセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合することで潤い続くみずみずしい素肌に ハリ肌のために必要な整肌成分「加水分解ユーグレナエキス」で男枯れに立ち向かう 乱れた水分バランスを整え、潤いに満ちた実感を 岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズ 定評の和漢植物成分で乾燥から肌を守ります 男性特有の5つの肌悩みをケアする厳選した美容成分が徹底包囲網!!
本体価格 593円 1,728円 2,592円 3,672円 3990円 5,790円 3,240円 1,200円 6,264円 5,184円
本体寸法 高さ19.5×幅6.2×厚み6.2 cm 不明 高さ14.5×幅3.5 cm 不明 不明 不明 不明 高さ18.3×幅5.8×厚み5.8 cm 高さ18.3×幅5.8×厚み5.8 cm 不明
本体容量 500ml 150ml 100ml 200ml 100g 120ml 200ml 400ml 120ml 50ml
香料/着色など 無香料/無着色 無香料/無着色 ダマスクローズの香り 不明 無香料/無着色 ベルガモット果実油、レモン果皮油 エタノール、香料使用 無着色/無香料 無着色/無香料 無着色/無香料
タイプ 化粧水 男性用オールインワン化粧水 オールインワンジェル オイルコントロール化粧水 ジェル オールインワン化粧水 化粧水 化粧水 化粧水 オールインワン化粧水
商品リンク 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

まとめ

男性の肌は乾燥しやすく、実は女性よりも化粧水を使うべき存在です。

洗顔だけして満足してはいけません。

洗顔をした後に化粧水を使って保湿をし、乳液やクリームをつかってスキンケアをするというのはもはや女性はもちろん、男性でも珍しいことではないのです。

時間や手間が気になる人はオールインワンタイプの化粧水を選ぶのも良いでしょう。

ぜひ自分の肌に合った化粧水を探してみましょう。